So-net無料ブログ作成
検索選択

ユモレスク〜逆さまの蝶〜 [映画]

二週間限定レイトショーってことで、先週で終わっちゃうから、あわててみにいったよ。
エイミーソニーのふたりが織りなす、なんともとりとめのない雰囲気ムンムンの作品。

映画というか、ビデオクリップのような…、それでいて不思議なストーリーのある映画。
『ねぇ、ソニーなにか面白い話して…』って台詞が語るように、
この作品自体が、主人公の女のコ・ソニーの想像、心象風景なんじゃないかって感じだよ。

ソニー役の美波さん、舞台とは違う顔をみせてくれました。
フワ〜っと生きてる女子高生を、みごとに演じきってたな。スゴイ女優

もう一度見てみたい一作♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

銀河鉄道の夜 [映画]

宮澤賢治作品の映像化。
ポスターもプログラムもなく、ちと、さみしいな(^_^;

『銀河鉄道の夜』を現代に焼き直して描かれたのだけれど…
小説を読んでの個人のイメージを超えてなかったかなぁ…。

しかし、雰囲気充分で、女の子が少年を演じるところは『1999年の夏休み』っぽい♪
ミュージカルの『星の王子さま』的な雰囲気もあった。
特筆すべきは、主演・谷村美月のジョバンニ(^o^)
ストロベリーフィールズ』の方が凛とした感じはでていたけど、
それとは違った幻想的な雰囲気をかもし出してた。
立川の映画館で見たかったかもな…。って、まだこれからだから行けばイイのか(^o^)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ただ、君を愛してる [映画]

単なるラブコメかと思いきや、悲恋ものだったんですね(^_^;
と、ゆーか、見ててなんかデジャビュ感があったのだけど、それが堤幸彦監督の『恋愛寫眞』。
調べてみたら、映画『恋愛寫眞』とのコラボレーションで書かれた小説の映画化でした(^_^;
プロットが似てるだけで、雰囲気はぜんぜん違うものに仕上がってます〜。
ちょっと甘い悲恋もので、自分好みではないけど、まぁ、いいんじゃないかな…。
宮崎あおいちゃんがスゴイ! ハンパじゃない。それに尽きる作品…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

夜のピクニック [映画]

80キロの道のりを一昼夜通して歩く伝統行事『歩行祭』
高校生活、最後の歩行祭となる3年生の人生模様が描かれてるよ。

一見、キャストも多く、キャラ立ても豊かで、
ムダなものも多いかな?って思ったけど、それらが醸し出すネタが、
本筋に微妙に絡んでいて、
最後に転校していった親友・杏奈が残したおまじないに集約されていく。

淡い恋愛ものかと思っていたら、ちと違ったのが意外だったかな(^_^;
キャストはみんな嫌みなくて、観劇後感も良かった作品。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

紀子の食卓 [映画]

最初、あまり興味なかったけど、
同じ監督作品の『自殺サークル』と関連したストーリーってコトで観に行ったよ。

いまいちイケてない女子高生が家出し、やがて残された家族が崩壊。
レンタル家族』組織で働く娘たちを探し出して、元に戻そうとする父だったが…。

なんとも陰鬱な作品だったよ〜(>_<) 面白い話だし、細かなところもスゴクいい。
けど、救いのなさが全編を覆ってて…なんとも。

ともあれ、作品の雰囲気は善くも悪くも満点の作品。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スケバン刑事 コードネーム麻宮サキ [映画]

導入からハードなシーンで麻宮サキとなる少女が任命されるまでの一連の下りが秀逸。
昔ながらのアイドル映画のクサイ台詞まわしににハードさが付け加えられての
ワクワク感炸裂のスタート(^o^)/

石川梨華との対決はスケバン刑事シリーズに於いて初めての設定!
って、解りづらい言い回しだけど、詳しく書くとネタバレになるので…。
って、見てれば途中から分かるけどね(笑)
斉藤由貴が母親役をやっていたりで、設定はイイかも。

悪役がボンヤリしてるのがうっとうしいかな。
もっと、東映作品らしく、時代劇的な、あるいはヤクザ的な
わかりやすい悪役じゃなかったのが残念至極。
一気にスケバン刑事らしさが消えてしまった部分かも?
同時に観劇後感も今ひとつスッキリではなかったけど、楽しめましたよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スーパーマン リターンズ [映画]


久々のハリウッドもの(^o^)
いいんじゃない。う〜ん、微妙だけど。いいんじゃないw


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウルトラマン メビウス [映画]


なつかしいの一言で終わるよ。
でも、せっかくなんだから、それぞれのエピソードとかを
活かして欲しかったかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ [映画]


なんだか懐かしい香りのする作品だった。
80年代の匂いかな? 

交通事故で亡くなった3人の少女が、命を失った時点から24時間だけ
猶予をもらって、やり残したことをやるってストーリー

死神の存在とか具現的で、表現としてチープな感じになってしまっていたけど、
作品性根本を通じて、ステキなファンタジーに仕上がってると思う。
しかし、演出も含め、チープさが目立って、
学生の自主制作レベルを抜けなかったのが惜しまれる佳作。

谷村美月ってコのハンパじゃない演技力、威力に脱帽!
雰囲気とあいまってサイコーのキャスティングだと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

時をかける少女 [映画]

なぜかとても好意的な評が多く、お客さんも入っているらしく、
拡大上映されてたりして、そんな諸々が気になってみてみた。

なんだか実写で見たかったって思った。
前にリメイクされた実写版は、大林版をリニューアルしながらも
身もふたもない中身のすっぽ抜けたものだった。
今回は設定も変え、雰囲気も変えながら、根底にある不思議な情緒は
なぜか匂って来た。おそらく学園青春ラブコメものとしてのパワーがあったのだと思う。
嫌みのないイイ感じの作品でした。

しかし、アニメで描くタイムスリップ感は、あまりにも紋切り型で、
当たり前なウソくささしか出し得て無かったような気がした。

『いじわるゴロちゃん!』『土曜日の実験室!』『ラベンダーの香り』
これらの呪縛から解き放たれた爽快な作品ではあったけど、
同時にそれらが持っていた日常と隣接した情緒的な絵空事は遠のき、
中途半端なSFラブコメディになってた。
あまりにも、せつなさが足りない気がした。
記憶の混乱、造られた想い出、消される記憶、想い出…。
描いて欲しかったかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。